道南農林水産部で味わう羊料理②


こんにちは!
道南農林水産部広報担当 道産子ハーフはるです!
北海道といえば羊肉!ということで前回ジンギスカン一人鍋をご紹介しましたが、
今回も引き続き羊料理のご紹介を致します!
そもそもなぜ北海道で羊肉の文化が栄えたか、というご説明から。
元々北海道に初めて羊が入ったのは1857年ですが、
伝染病などの理由でその時はあまり生産が進まなかったそう。
そして戦時中軍服や軍の毛布の調達のために国が羊毛を求めたのですが、
外交的な理由で、輸入が禁止されてしまったんだそうです。
そこで農商務省は1918年、25年で百万頭に増やす「緬羊百万頭計画」を掲げ、
土地が余る北海道に羊牧場を増やしたことによって
羊肉の研究も一気に深まり、今では「北海道といえばジンギスカン」となる程根付いたのだそう。
文化の裏には歴史があって、何事も理由を知るとなかなか面白いですよね。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、
今回まずご紹介するのはジンギスカン串です!
お味はタレと塩をお選びいただけますが、
タレにはクミンを少しかけているのでエスニックな香りが食欲を引き立て、
独特のにおいが気になる、という方にもオススメです。
串で手軽に食べられるのでお酒のつまみとしてはピッタリですね、
私のように何種類も羊のお肉を
食べ比べたい人にとっても種類が多いのは嬉しいです!
しかし道南農林水産部の羊はこれだけで終わりません!
道南農林水産部の羊肉を全てご紹介しようとするあたり、
私の羊愛が伝わるかと思いますが、道南農林水産部ではラムタンもお楽しみ頂けます!

ジンギスカン一人鍋に引き続きこちらも
お席で焼いて頂く商品ですが、こちらは鉄板ではなく炭焼きです!
厚みのあるラムタンの炭焼きは
ジューシーでクセもなく、とっても美味しいんですよ!
焼き過ぎると固くなってしまうのでそこだけ注意して、
赤みがなくなるまで焼いたらパクッと口に運ぶと炭の香りが美味しさを後押ししつつ
肉汁が口いっぱいにひろがり幸せな気持ちになれます。
羊肉が好きな方も、食べたことがなくて試してみたい方も、
道南農林水産部の羊肉をぜひ食べに来て下さい!!

▼ご予約はこちらから
・道南農林水産部 錦本店 052-201-1637
・道南農林水産部 新栄店 052-936-5545
・道南農林水産部 豊田店 0565-31-1413
・道南農林水産部 栄店  052-959-5778

  • 錦本店
  • 栄店
  • 新栄店
  • 豊田店
ブログ 店舗地図 page top